クラール鍼灸整骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2018.10.04更新

こんにちはnico

本日の症例ブログは腰から太もも後面にかけての痛みについてです。

30代男性、やせ形、ゴルフスイングで腰部と太もも裏を痛め来院されました。

スイング振り終わりに痛みではなく強い違和感が腰部下部右に発生しその後に痛みが増してきたそうです。右の太ももの裏にも違和感と痛みが発生し圧痛も強く出ます。ご本人は腰と太ももの裏の痛みを訴えますが触れてみると腹部下部から太もも前面の硬さが強く出ていました。背筋と腹筋、ハムストリングスと大腰筋や大腿四頭筋は拮抗筋で互いにさせ合う関係にあります。

※痛いところだけを見ても改善されないことが多々あります。拮抗筋の関係は見落とすといつまでも痛みが引かない事があります。反対側の緊張が原因で痛みが出ている場合があるからです。背筋の痛みに対する腹直筋や大腰筋、ハムストリングスと四頭筋等々たくさんあります。

触診、問診、動診にて

①腹部と四頭筋の強い緊張

②殿筋、ハムストリングス中央部の硬結(TP)

③浅い呼吸、肩を巻き込んだ前傾姿勢

以上を踏まえ施術行いました。

最初にうつ伏せで殿筋とハムストリングスの硬結部を同時に抑え緩みを見つけていきます。股関節部のモビライゼーションも加えながら硬さを取っていきます。殿筋は緩みましたが太もも裏が緩みません、膝裏とふくらはぎの筋をつかって更に緩めます。触れていく過程で大腿筋膜の緊張も感じましたのでそちらも触れながら緩めていきます。立ち上がっていただき腰部の後屈動作の確認をしました。痛み半減しています。次に仰向けになっていただき腹部に触れます。何か入っているかと思うほどの張りがあります。横隔膜付近から下腹部まで満遍なく張っています。お話を聞くと子供の頃から胃腸が弱く現在も良く下すと言われていました。子供の頃からの腹部の緊張が癖になり身体の姿勢を作っている方がたまにいらっしゃいます。この方もそうでした。腹直筋を大胸筋部で緩め胸を開く運動をサポートして行い今日の施術は終了です。腰部から太もも裏の痛みは半減しましたが肩の巻き込み、腹部の緊張は依然強く継続した通院が必要になります。

ゴルフや野球などの捻り動作で腰に痛みの出た方、お腹が弱く太ももの張りがある方。

クラール鍼灸整骨院では筋膜リリース、鍼治療などを用いて辛さの改善に努めております。

姿勢指導が効果を発揮する方もいらっしゃいます。

※症例報告の内容については個別性がある事を考慮してお読みください。

全ての痛みが同じような経過をたどるわけではありません。

当院では、患者様それぞれの症状に対し、様々な治療法を用い、お辛さの改善のお手伝いをさせていただいております。

お身体の痛み・歪み等のお悩み、美容のお悩みなどございましたら、お気軽にご相談くださいませ(^^)/


頭痛・肩こりや腰痛などの慢性症状、ぎっくり腰などの急性症状、交通事故によるむちうち症、視力回復サポート・眼精疲労回復、美容鍼・逆子治療・不妊治療・更年期障害等、お体のお悩みは何でも♪盛岡市のクラール鍼灸整骨院へflower2

投稿者: クラ―ル鍼灸整骨院@盛岡市

Facebookブログ友だち追加
TEL:019-618-7802 お問い合わせはこちら