クラール鍼灸整骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2020.01.14更新

こんにちは!

今日は痛みがなかなか取れない方のために

普段からクラールで患者様にお話ししている、基本の考え方其の⑦ですd(●・ω・)b゙

良いはずの運動もやりすぎは体に毒ですbibibi
以前ウォーキング ついて書きました⇩

https://cutt.ly/crizVC2

要約すると

「4000~8000歩以上の歩行に早歩きを入れると、生活習慣病の発症・介護・寝たきりの発生率が
圧倒的に下がる」 です。


今日は運動の中でも、スポーツの強度(きつさ)と※活性酸素の発生について書いていきます(b゚v`*)

「活性酸素」この言葉聞いたことあると思います。
ストレスとか紫外線とか、お酒やたばこでも発生するって言われています。

あまり良いイメージではないですよねtears

 

活性酸素

 

活性酸素が良いか悪いかは、その発生する量によります。


※活性酸素の役割

<身体を守るために存在>
体外から侵入してきた細菌やウイルスを除去

<増えすぎると>
疲れやすくなり、力が出なくなり、
細胞、内臓、血管を傷つけ老化や様々な
病気を引き起こす原因となる

 

活性酸素の発生は身体の仕組みに組み込まれているために、普通の呼吸でも発生します。

呼吸によって消費される総酸素量に対し

・安静時の呼吸    ➡2~3%の活性酸素

・激しい運動     ➡5~8%の活性酸素

・炎天下の激しい運動 ➡安静時に対し最大40倍の活性酸素

が発生します。

暑い中筋トレをしたり、テニス、サッカー等走り回るスポーツをする場合
普段の40倍身体を傷つける活性酸素が発生しているということです。

スポーツをすることを否定するわけではなく、熱い中での運動をする際は
身体の中で40倍の活性酸素が発生していることを知っていてくださいね。


結論
➡暑い中で無理な運動をすると身体を痛めます
そして40倍の活性酸素が身体を傷つけます

☆抗酸化作用を持つビタミン A 、 C、Eを摂取するのも良いですよ(⌒∇⌒)
    


ビタミン

 

今日はここまでですo(^▽^)o


クラール鍼灸整骨院、公式LINEはじめました。

ご予約やお得な情報を配信中です!

下記より友達登録できます(^^)

http://nav.cx/7o0OxWv

当 院では、患者様それぞれの症状に対し、様々な治療法を用い、お辛さの改善のお手伝いをさせていただいております。

お悩み等ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ、栄養の事もお話しできます。
頭痛・肩こりや腰痛などの慢性症状、ぎっくり腰などの急性症状、交通事故によるむちうち症、視力回復サポート・眼精疲労回復、美容鍼・逆子治療・不妊治療・更年期障害等、お体のお悩みは何でも♪盛岡市のクラール鍼灸整骨院へ

 

 

投稿者: クラ―ル鍼灸整骨院@盛岡市

Facebookブログ
TEL:019-618-7802 お問い合わせはこちら