クラール鍼灸整骨院ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2018.08.04更新

こんにちはnico

本日の症例ブログは腰の痛みについてです。

立ち仕事をされている女性がしゃがみからの立ち上がり動作で腰を痛め来院されました。

立ち姿にもゆがみがあり左の骨盤を突き出す姿勢になっています。右の腰部下部に強い張りがあります。

以前から歪んでいる自覚はあったそうですが痛めて数日で更に大きくゆがんだと言われていました。

コルセットの使用歴もありました。繰り返し腰を痛めている方です。

しゃがみ姿勢からの立ち上がり動作なのでまず腹部をみます。腹直筋と大腰筋部に強い痛み、そして痛みの訴えがある腰方形筋、殿筋、大腿筋膜張筋すべて強く張っています。内腿の内転筋の強い緊張も触れることができます。

痛みが出たのは腰ですが他の筋疲労もあるようでした。

 

ぎっくり腰をはじめとする腰痛は全身症状だと理解しています。

理由は痛みの出ている一点だけが損傷して腰痛になる事は考えづらいからです。

筋、関節、内臓疲労、血行やリンパの循環不良、気持ちの落ち込み(腰の痛みにはメンタルが顕著に表れます)がそれぞれ筋膜ラインに緊張を与え最終的に腰痛となります。

なので首の緊張やふくらはぎの緊張が腰痛になる例が多く見られます。食事の不摂生やアルコール摂取が腰痛につながる事もあります。この方も多少覚えがあるようでした。

 

触診、問診、動診にて

①立ち上がり時の殿筋と腹直筋、腸腰筋の過緊張、臍周りに触れると筋のねじれに触れます。

②脚長差、左脚が長い為普通に立位で代償姿勢を取り右腰部が緊張すること。

③消化器の反射による右側起立筋の緊張

以上を踏まえ施術行いました。

 

うつ伏せになっていただき右足をカエル脚にして(身体の横に膝、股関節を曲げて引き上げる姿勢です)腰方形筋を緩めていきます。

緩む姿勢を取っていただき調整するもうこれは鉄則ですね。決まりはありません基本にのっとって様々な姿勢を取ります。

基本とは人の動きは三種類しかない!!です。

前後、左右、左右の捻りです。

筋膜ラインごとにこの3つの動きを組み合わせていけば楽な姿勢が見つかります。

見つからない場合は筋や関節以外に原因があるのではないかと推測できます。

 

この方は前傾、右側屈、左回旋で右腰方形筋が緩みます。

背骨を一つ一つ揺らしながら腰部の筋を緩めます。しかし筋の弛緩後も痛みがあります。

仰向けになっていただき腹直筋のねじれを取ります。起始部と停止部を同時に押圧し緩めます。

ある程度緩んだ時点で足底の反射を使います。肝、腎、消化器の反射区と腹部、太もも、腰椎際を交互に触れ緩めていきます。この時大腰筋も一緒に緩めます。

一回目の施術はここで終了しました。

姿勢は整い痛み半減です。

2回目は3日後に指導し経過をみました。

 

2回目-痛みの戻りと姿勢のゆがみ増強し来院されました。

仕事が忙しかったようで本人もそのせいだと言われていました。

筋の状態を再確認し前回あまり触れられなかった殿筋の緊張を取っていきます。

中小殿筋に強く痛みがあります。姿勢ではなく太もも裏と殿筋の筋膜のつながりを利用して緩めました。

緩めた段階でかなり楽になったと言われ動作痛もほぼ改善されました。

ゆがみが残っていますので次回以降そちらも検討していくことお伝えしました。

 

※日常の家事、仕事からくる負担はなかなか減らすことができません。

回復を早めるために痛みが出にくい身体になるために自分で体を緩める方法を学ぶ必要があります。

 

しゃがみからの立ち上がりで腰痛を起こされた方。

身体の冷え、お腹の不調があり腰が痛む方。

自分で体を緩める方法を知りたい方。

クラール鍼灸整骨院では筋膜リリース、鍼治療などを用いて辛さの改善に努めております。

姿勢指導が効果を発揮する方もいらっしゃいます。

 

※症例報告の内容については個別性がある事を考慮してお読みください。

  全ての痛みが同じような経過をたどるわけではありません。

当院では、患者様それぞれの症状に対し、様々な治療法を用い、お辛さの改善のお手伝いをさせていただいております。

お身体の痛み・歪み等のお悩み、美容のお悩みなどございましたら、お気軽にご相談くださいませm(_ _)m


頭痛・肩こりや腰痛などの慢性症状、ぎっくり腰などの急性症状、交通事故によるむちうち症、視力回復サポート・眼精疲労回復、美容鍼・逆子治療・不妊治療・更年期障害等、お体のお悩みは何でも♪盛岡市のクラール鍼灸整骨院へflower2

投稿者: クラ―ル鍼灸整骨院@盛岡市

2018.08.02更新

こんにちはnico

本日の症例ブログはの腰の痛みについてです。

 

足を酷使する運動をされた後に腰の下の方に重たい痛みが出てきて腿をあげる動作が辛くなったそうです。

歩くと左の脚に違和感があるとも言われていました。

足を酷使した後の腰の痛みなので脚の筋、関節を見ます。この方は太もも外側の痛みと股関節の緊張がありました。


前傾姿勢での足の酷使なので身体の前面も見ていきます。(体を前に縮めるので前側の筋を使います)大腰筋部に痛みがありました。運動姿勢から得る情報はとても大切です。縮んでいる筋が痛みを出すとの基本の考えを田口は持っています。なので腰が痛いと言われる方も身体の前側の屈筋は必ずチェックします。

長年激しい運動を続けている方でもともとの弱さを左股関節に持たれているそうでした。

 

触診、問診、動診にて

①前傾姿勢での激しい運動で大腰筋に強い緊張がある事。

②もともと弱い左股関節に負荷がかかり股関節と殿筋が固くなったこと

(前後に動かなくなっています)

③夏バテで食事が不安定でお腹が緩くなっていること。(背部と太ももに反射が出ます)

以上を踏まえ施術行いました。

 

うつ伏せになっていただき3軸を整えていきます。痛みの出ている腰部が緩む姿勢を取っていただき背骨を調整していきます。この方は前傾、左側屈、左回旋で左腰部が楽になります。背骨を支えている筋を緩めるように左側に広げていきます。これで鈍痛軽減有りました。そのまま殿筋と大腿筋膜張筋を緩めます背骨と筋を同時にふれて揺らす感覚です。

仰向けに泣ていただき大腰筋を緩めます。前傾で縮めて痛みが出ていると思われますので膝を曲げた状態で大腰筋に触れます。このまま押圧してもいいのですが今回は胸郭下部の押圧を使います。胸郭の形を変えると大腰筋が緩むように人の身体は出来ています。

ある程度緩んだ時点で足底の反射を使います。腸管の反射区と腹部、太もも、腰椎際を交互に触れ緩めていきます。夏場は腎と腸管の反射(痛み)が出ている方が多いと感じます。

ここまでで腰部の緊張は半減しました。

しかし違和感と鈍痛が気になるくらい残っていると言われます。動作確認しましても膝を腹部方向に引き寄せる動きに痛みが出ます。

再度筋の硬さを確認し骨盤底のリリースを行ってみました。かなり深くにある場所なので座った状態で行います。強い痛みがあり時間をかけて緩めてみました。直接触れることはできないので筋肉や腸管ごしに押圧します。

緩めた段階でかなり楽になったと言われ動作痛もほぼ改善されました。

 

むくみのある方に行う施術なのですが運動をされている方にも有効です。

身体の冷え、お腹の不調、激しい運動で強く緊張していました。

 

激しい運動後に腰痛を起こされた方。身体の冷え、お腹の不調があり腰が痛む方。

クラール鍼灸整骨院では筋膜リリース、鍼治療などを用いて辛さの改善に努めております。

姿勢指導が効果を発揮する方もいらっしゃいます。

※症例報告の内容については個別性がある事を考慮してお読みください。

 全ての痛みが同じような経過をたどるわけではありません。

 

当院では、患者様それぞれの症状に対し、様々な治療法を用い、お辛さの改善のお手伝いをさせていただいております。

お身体の痛み・歪み等のお悩み、美容のお悩みなどございましたら、お気軽にご相談くださいませm(_ _)m


頭痛・肩こりや腰痛などの慢性症状、ぎっくり腰などの急性症状、交通事故によるむちうち症、視力回復サポート・眼精疲労回復、美容鍼・逆子治療・不妊治療・更年期障害等、お体のお悩みは何でも♪盛岡市のクラール鍼灸整骨院へflower2

投稿者: クラ―ル鍼灸整骨院@盛岡市

Facebookブログ
TEL:019-618-7802 お問い合わせはこちら