交通事故治療について

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

交通事故

1人で悩まず、まずは専門機関へのご相談を

クラール鍼灸整骨院は、厚生労働省が国家資格認定した柔道整復師が在籍しています。整骨院では、交通事故による後遺症の治療を行うことができます。

交通事故の後遺症は長引いたり、事故当日から日数が経過して突然発症したりすることがあります。だからこそ早期の治療が肝心なのです。当院では治療から保険に関する相談まで、交通事故治療における全てのサポートを行います。

  • むち打ち状態になり、首を痛めた。
  • 事故から2~3日たって、具合が悪くなってきた。
  • 吐き気・目まいがあり、身体のだるさが抜けない。

以上の症状をお持ちの方は、早めにご相談下さい。

また、「整形外科に通院しているが、治りが遅い。」「事故から少し経って傷みやしびれが出てきた。」「じわじわくる不快な症状に苦しんでいる。」「保険の手続きなどが大変で通院が面倒になってきた。」など、患者さんが抱える諸々の悩みは、当院にお任せ下さい。整形外科や弁護士など外部の専門機関と連携を取り、患者さんが治療に専念できるよう全力でフォローいたします。

知らないと「損」をする、交通事故治療について

治療費の負担はありません

交通事故後の整骨院への通院は、自賠責保険が適用されますので自己負担金0円です。治療費の負担が無いだけではなく、通院補償(1日4,200円)や休業損害(4,700円~)も支払われます。

  • 病院で処方される湿布とお薬だけの治療で体の痛みの改善が見られない方
  • 車、バイク、自転車に乗っていて自動車と衝突してしまった方
  • 交差点を歩行中に車・バイク等と接触してしまった方
  • ひき逃げ、当て逃げにあってしまった方

など、交通事故における全ての症例が対象です。 お一人で悩まず、どうぞお気軽にご相談下さい。

また、病院(整形外科)のレントゲン検査で「異常なし」と診断された場合でも、身体に違和感が残る場合は当院で治療が可能です。まずは自己判断せず、すぐに専門家へ相談することをお勧めいたします。

整形外科・他治療院からの転院が可能です

事故後、医療機関による検査は必ず行って下さい。診断書を取得すると自賠責保険を使用することができます。しかし、医療機関でレントゲン検査を行い「異常なし」と診断されても「身体の痛みが取れない、違和感が無くならない」という方が多いです。それは、レントゲン検査では「骨の異常」は判断できても「筋肉・腱の損傷」までは判断できないからです。

  • 1:身体に異変がなくても医療機関に行って検査をする。
  • 2:身体に異変があるうちは、整骨院で治療を続ける。

以上の2点を心がけて下さい。

また、当院では他治療院で満足いく治療を受けられなかった患者さんも入れております。「長期間通院しているのになかなか良くならない…」「電気治療だけで、しっかりと治療してもらえなかった」というお悩みをもって当院に通院される方もいらっしゃいます。お気軽にご相談ください。

保険会社とのやり取りも代行します

交通事故のケガで通院している患者さんの中で、慣れない保険手続きにストレスを感じ、治療に専念できないという方は大変多いです。交通事故治療にかかる治療費は、事故に遭った患者さん本人が保険会社に直接請求するのが一般的ですが、当院では、患者さんが治療に専念して頂けるように、代わって保険会社とのやり取りを行っています。

交通事故

交通事故後のながれ

万が一、交通事故に遭ってしまった場合に備え、下記の流れを頭に入れておきましょう。

治療に関して、不安なこと、分からないことがあれば、第一にクラール鍼灸整骨院にご連絡下さい。初めに当院へご連絡いただければ、連携している病院を紹介致します。今後、当院をご利用される場合にもスムーズに転院手続きをすることが可能ですので、ぜひご活用下さい。

必ず、警察に連絡をしましょう

交通事故に遭ったら、事故の大小にかかわらず、必ず警察に連絡をしましょう。その際に、相手側のナンバープレートを記録することを忘れないでください。警察が現場に到着すると、簡単な事情聴取と現場検証が行われます。加害者の氏名と住所、連絡先、加害者料の自賠責保険会社名、保険会社の連絡先などはご自身でも控えておくようにしてください。

病院で検査をして下さい

可能であれば、事故当日に病院を受診してください。遅くても3日以内が望ましいでしょう。交通事故による痛みは日数が経過してから発生することもあり、痛みがないからといってそのままにしておくと、後ほど痛みが出た際に交通事故との因果関係を証明しきれず、保険がおりない場合があります。病院にて全身(あるいは違和感のある場所)を見てもらい、診断書を取得して下さい。

診断書を警察に届け、人身事故として扱われることで初めて自賠責保険が適応可能となります。ただし、保険適応の基準の一つに「違和感など、損傷を負った部分のある診断書」があるため、痛い部分がなければ保険適応されないケースも有ります。また、診断書はコピーし、手元に残しておきましょう。

治療する医療機関は患者さん自身で選択していただけますが、当院に連絡していただけると幸いです。

保険会社に連絡しましょう

保険会社に「クラール鍼灸整骨院で治療する」ことを連絡の上、当院にお越しください。また、来院時は次の2点をお伝え下さい。

  • お取り扱いの保険会社の連絡先と担当者名
  • 診断名(病院受診の方)

交通事故治療は保険適応のため、患者さんが治療費を負担することはありませんのでご安心ください。また、通常であれば患者さん自身が行っていただく保険会社との連絡や事務手続きを、当院が代行することも可能です。希望される方は、お気軽にご相談ください。

クラール鍼灸整骨院で問診・治療を開始します

治療する前に、まずはムチ打ち・打撲・骨折などケガの症状を詳しく診察いたします。いきなり施術はいたしません。症状が確認できた後、現在の状況について説明し、治療方針に納得していただいてからが治療のスタートです。

  • 事故が発生した日時と状況
  • 医師の診断内容
  • ケガの症状
  • お取り扱いの保険会社

上記を問診時に教えて下さい。

問診の後は、触診に移ります。実際に患部に触れることで、痛み具合・腫れ・温度・機能障害などの有無を検査します。また、触診の結果から、患者さん一人ひとりに合わせた治療プランを構築します。マッサージ・手技治療・超音波治療・電気療法・冷温法・テーピングなど、患者さんの症状・体質によって治療は異なります。治療後も、日常生活に1日でも早く復帰できるようにリハビリも並行して行っていきます。

個人差はありますが、おおよそ1~3ヶ月での治療で大半の方が完治されています。保険会社に治療が完了した旨を伝え、費用を計算してもらいましょう。その後、明細入りの示談内容書が届きます。内容を確認し、納得いただいたうえで署名捺印を行いましょう。

示談内容書を提出しましょう

保険会社への治療終了報告は、当院で行うことが可能です。保険会社より示談内容書が届きますので、患者さんが納得していただけた場合は署名・捺印を行いましょう。

交通事故治療Q&A

Q

交通事故治療で費用はかかりますか?

A

自賠責保険が適用されるため、かかりません。窓口負担もゼロです。

Q

治療費は誰が払うのでしょうか。

A

基本的には相手方で加入している保険会社が負担します。もし未加入の場合は、「弁護士費用特約」や「無保険車障害特約」や「車両保険無過失事故特約」などの特約を適用して交渉を進めてましょう。詳しくは当院までお問い合わせください。

Q

診断書を発行してもらえますか?

A

もちろん発行いたします。その際に確認用のコピーもお取りしますのでご安心ください。交通事故によるケガや違和感は、そのまま放置しておくと危険です。後遺症がひどくなる前に、当院へお越しください。その他に質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

交通事故

Facebookブログ
TEL:019-618-7802 お問い合わせはこちら